“男性が結婚するのは、ヤツでは女性がいつ排卵するのかが隠されている訳、女性がいつおめでた可能なのかがきちんと判別できないことにその始まりがある、という見方もあるようです。ほ乳類の雌には、ふつう発情期がありますよね。雌は排卵の起こる状況、おめでた可状況だけ発情して交尾するね。排卵のない時折発情も起こらず、雌は雄をまったく受けつけません。そして、発情期の雌の体調や姿勢には、きちんとそんなふうにとわかる気配が現れます。だから、雄は、発情期迄だけ雌を独占しておけば、生じる人は自分の人だと確信することができるのですね。発情期以外は、何も気にかけることなく放っておいても雌は妊娠するパーセンテージはわずかからです。でも、ヤツの女性には、発情期というものがありません。排卵していようがいまいが、いつでもセックス可能ですし、無論好色もあります。排卵状況に好色が高まるという傾向にあるようですが、それ以外でも普通にセックスやる女性は多いですよね。また、排卵やることでも特別の先ぶれは出さないですよね。ダディにはレディースがいつおめでた可能なのかがわからないのです。このあたりに祖先の時からダディにとっての大きな課題があったわけです。生じる人が自分の人ですことを100%確信する方法がないわけですね。だから結婚して自分の手元に一際置いておかなければ、他のダディの子供を自分の子供だと思いこんで育て続けるリスクがあるわけですね。”