“出会い系サイトは偏った性癖であっても、それを満たす伴侶をあるんですよね。そういう事を物語っているようなPCMAXのレビューがありました。なかなか素晴らしい主旨ですよ(笑)
【43年齢の大阪府父親】
ここでの鉢合わせとなると、ほとんどの人にとって異性との鉢合わせが殆どです。私も異性との鉢合わせが多いわけですが、でも今回は同性のおんなじ性趣のお客、バイセクのお客との鉢合わせがありましたので紹介したいと思います。あたしは両刀使いなので、そんな大きい鉢合わせもアリです。ママ立場にも、ママ同士向けの片隅もありで、ここでの鉢合わせは色んな外見があるのかもしれませんね。端緒は、私のダディー同士の鉢合わせを綴った日誌を見てメールを頂いたんです。それからお互いの日誌を拝読しあい、話しが弾み、二人のダディー集積や設置、チンポの話しなど、ジャンジャンメールで盛り上がりました。そして話しはメールをくださった父親(Yさん)のセフレの彼さんとのレクレーション主旨へと展開していきました。やはり、ダディー同士の絡みを含めたレクレーションです。Yさんのセフレ彼さん、Yさんとダディーとの絡み、牡交尾を観賞するのが好きなそうなんです。Yさんがクチマン、ケツマンをチンポで犯され、攻めところてイクショップを見るのがマニアみたいなんです。そして見ながら本体もオナニーするのだそうですよ。Yさんも見られ犯され、イカされることに悦びを得るのだそうです。話しを聞くとまったく楽しそうで私も参加したくなってきました。Yさんのクチマン、ケツマンを状態たおし、歓びのサウンドをあげさせ、彼の今しがたでダディーに犯される君を、あたしはチンポをママのオマンコではなく、同性のケツマンにぶちこみ、腰を突き上げる倒錯したファッションを見せつけたい。その牡交尾をオカズにオナニーする、おんなじマニアな彼さんのファッションを見たい、というメールで盛り上がりました(笑) まもなくこういう鉢合わせが実現しそうなので、実にレクレーションを体験してきたあと、またおしゃべりしたいと思います!”