“28年サラリーマンのPCMAX評定ですが、とっても大事な恋人を見つけたいという気分と、うら淋しいので出会ったダディーとエッチ行うというムシャクシャがそれほど表れていて興味深かったです。そんな系統の女性も出会い系サイトには多いと思いますね。【28年の東京おばさん】絶好調のダディーとついにデートしてきましたよ。彼氏は事前にビリヤードをするコミットメントを通していました。彼氏が愛車で近くまで迎えに来てくれました。ビリヤードがある所へ向かっていましたが、途中にインタネットカフェがあって、そこにビリヤードがあったので結局はそこに決めました。両者とも朝飯を食べてなかったのでホットドッグを食べながら、普通に遊ぶだけじゃくだらないので負けたほうがほっぺにキスとぴたっと抱きしめる競争をしました。レジャーが始まると、彼氏は今までとは第三者が変わったようになって、ビリヤードキューを有するとたん真剣な面持を通してました。彼氏はとてもうまくて、私ではなんにも相手にならず、あたいが負けちゃいました。レジャーが終わるとアベック実録へ移動して、ちゃんとコミットメントを守りましたよ。その後の事は仮想に一任行う。。まさに気分が良くなったので、先々旅館へ行く実例になりました。一緒にお風呂に入ったりベッドでイチャイチャしたりしながらエッチを楽しみました。2回くらいエッチした復路、両者とも胴も空いてきたので、ピザーラとチキンを頼みました。平らげると、またすぐにベッドに入りエッチをしたり、あたいが彼氏のカラダをマッサージしたりしました。マッタリ過ごしてると時間になったので、旅館を出ました。彼氏は送ってあげるというので、彼氏のフレーズに甘えて、帰路始終ツボを握りながら送ってもらいました。彼氏は優しくて思い切り静か第三者でよかったです。でも、お互いに旦那として付き合いましょうという気持ちになるまで、拘束終わる関わりを続けていくことにしました。感情というのは、絶対に奪えるものではないですからね。大事にしたい第三者、また会いたい第三者、また会って嬉しくなる心持ちが必要だから、お互いまだまだそういった心持ちにまではなって弱いに関してなのかもしれません。標的が絶対にこの人じゃないとお釈迦、他人と会ってたら嫉妬したりするような心持ちがあれば付き合うのかもしれません。だからそれまでお互いにそんな標的探しを通して、拘束終わる関わりはいいんじゃないかと思います。およそ彼氏は私の覚え書きを読むと思うんです。何かと電話でも話ししたりしますが、あたいはまた出会い航海を続けます。人々へ 幸せなタームと、一緒に過ごしてくれて本当にありがとうね。そしてこうした私じゃないとお釈迦って言ってくれる第三者が現れたらいいな。いずれ正に大事な恋人と幸せなタームを過ごしてくれる第三者を見つけたいな。いないかな?”